スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


at , スポンサードリンク, -

-, -

Appleの技術が貢献していながらMac版Chromeはなぜ遅れる?

Google Chromeのブラウズ画面サンプル

米Googleは9月2日、日本語を含む40言語以上に対応し、世界100カ国以上で利用出来るオープンソースブラウザ「Google Chromeβ版」を公開。


実はタブからプライベート閲覧モードまで、機能のほとんどは既存の競合ブラウザにあり、Chromeにはまったく新しい機能があまりないらしい。


しかし、「Google Chrome」は、まさに速さにこだわったブラウザ。
「WebKit」と呼ばれる、Appleが主導して開発してきたHTML描画エンジンと「Gears」というGoogle独自の技術が組み込まれているという(「WebKit」はMacやiPhoneなどのブラウザ「Safari」に採用されている)。
また、JavaScriptの動作を高速にするために「V8」という技術も搭載。


また、おもしろい機能として、検索とアドレスバーの統合(デフォルトの検索エンジンはGoogleだが、競合検索サイトに変更することもできる)やOperaのスピードダイヤルから取り入れたような新しいタブ機能などのインタフェース機能の充実が挙げられる。
新しいタブをクリックすると、頻繁にアクセスするWebサイトのサムネイルと、ブックマークへのリンクが表示される。


その他Google Gearsが統合されていることも注目。
Chromeではアプリケーションショートカットと呼ばれており、ユーザーはどのWebアプリケーションでもデスクトップベースのWebアプリケーションとして保存でき、スタートメニュー、Quick Launch、デスクトップに起動アイコンを置ける。


ほかのブラウザと同様に、証明書と入力したアドレスが一致しないセキュアなサイトにアクセスしたときには警告が出る。また、今のところChromeに統合されたGoogle検索でしか見られないのだが、Webサイトが開けなかったときに、ChromeのエラーページでGoogleキャッシュからそのサイトを開く選択肢が提示される。


特に、各タブは「サンドボックス」として独立し、別々のプロセスとして実行するという機能はすばらしい。もし不安定なサイトやアプリケーションに出くわした場合、1つのサイトやアプリケーションがブラウザ全体をダウンさせるのを防ぐことが出来る。


Google ChromeのオープンソースプロジェクトであるChromiumの最初のβリリースはWindows版のビルトのみが提供され、Macユーザーにはなんとも歯がゆいところ。
そもそも上記のとおり、「WebKit」と呼ばれるHTML描画エンジンはAppleが主導して開発してきた。


これについてGoogleのMacチームが公式ブログで事情を説明している。


Mac版とLinux版の開発に当たっては、Webブラウザは日常的に使うものなので、単なるWindows版の移植ではなくユーザーインタフェースや OSとの統合性などで「粗雑なところ」がないようにすることを心掛けているとしており、「靴の中に石ころが入ったようにはならないこと」を目指していると述べている。


Chromiumの開発チームはプラットフォームごとに分かれているわけではなく、全員がすべてのプラットフォームに貢献でき、行き過ぎた分岐を防ぐためにすべてのバージョンが同じソースからビルドされる。Mac版とLinux版は幾つかのモジュールについてはビルド可能。


ChromiumのプロトタイピングとデザインはWindowsで行ったが、それはWindowsユーザーにとってユーザーインタフェースをスムーズなものにしたいと同時に、3プラットフォームすべてで同時にテストを行うことを避けたという理由からだった。ただし、現在はMacとLinuxの担当者がチームに参加済みで、両プラットフォームも動き始めているという。Mac版とLinux版はWindows版よりも共通部分が多いため、コードの共有ができており、開発は若干スピードアップされていると述べている。


現状ではMac版、Linux版ともにモジュールレベルでのビルドとテストが行われているが、Windows版の公開βの動きも見なければならないため、 Mac版、Linux版のリリース日を明示することはできない。Windows版が安定するにつれて、Windows版のように正式な公式βを出せるようになる。その様子は公開されているプロジェクトの進み具合を注視してほしいと説明している。


(※この記事について、以下の記事からの抜粋や、関連する部分があります)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000073-bark-musi
http://www.barks.jp/news/?id=1000043073/
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/03/news024.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/03/news025.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/03/news035.html



at 12:46, aranciata, コンピュータ/ウィルス・スパイウェア

comments(0), trackbacks(0)

iPhone 3G SOFTBANKの契約プラン発表

新規契約・新スーパーボーナス(24回分割払い)で購入⇒8Gモデルは実質2万3040円。16Gモデルは同3万4560円。
米国での価格は、8GBモデルが199ドル(約2万1400円)、16ギガモデルが299ドル(約3万2000円)なのでほぼ同じ価格。国内メーカーの携帯価格と比べて割安感があります。
ソフトバンクお馴染みの分割方式でiPhone 3Gを購入した場合、以下のような支払い方法になります。

8GBモデル(ブラック)
分割金 月々2,880円×24カ月
特別割引 月々1,920円×24カ月
月々960円×24カ月=23,040円

16GBモデル(ブラックまたはホワイト)
分割金 月々3,360円×24カ月
特別割引 月々1,920円×24カ月
月々1,440円×24カ月=34,560円

個人的には支払いというのは月賦とか割賦ってなんか嫌なので一括払いでの購入したいところではありますが、その場合は、購入時に8Gモデルの場合69,120円程度(2,880円×24)、16Gモデルの場合80,640円(3,360円×24)の負担が生じ、特別割引がそれぞれ毎月1,920円ずつ適用されることになるらしいです。

基本料金プランはiPhone 3G向けの「ホワイトプラン(i)」で、基本使用料980円。午前1時〜午後9時まではソフトバンク携帯間の国内通話が無料で、iPhone 3G専用のメールサービス「Eメール(i)」を無料で使えます。
「ブループラン(i)」(計10種)、「オレンジプラン(i)」(計12種)も提供されます。ただしホワイト学割キャンペーンは対象外。iPhone 3G専用USIMのため、機種変更(買い増し)の場合はUSIMを専用のものに切り替える必要が生じます。尚、切り替えた専用USIMはiPhone 3G以外では利用できないとのこと。
ネット使い放題については「パケット定額フル」(月額5985円)を新設。
注意しなくちゃ行けないのは、iPhone 3G利用者は、必ず「パケット定額フル」と「S!ベーシックパック(i)」(月額315円)に加入しなければならず、月額最低7280円かかることになってしまいます。
無線LANが使えるって聞いてたので、パケット使わずにDSやPSP同様、ソフトバンクのYahoo!無線LANスポットサービスでマクドナルドなんかでバンバン使おうって思ってたんですが・・。

その他過去記事

iPhone 3Gを“iMac風”にするアルミスタンド「iClooly for iPhone 3G」
iClooly for iPhone 3G

「iPhone 3G」がBluetooth認証
HSDPA対応の「iPhone 3G」、7月11日発売


(※この記事について、以下の記事からの抜粋や、関連する部分があります)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000008-maiall-sci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000019-rbb-sci
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/23/news067.html


at 18:05, aranciata, コンピュータ/ウィルス・スパイウェア

comments(0), trackbacks(0)

危険なサイトかどうかを見極める・・その2

先日、ワンクリックによる架空請求詐欺や、ウィルスやスパイウェアを持っている可能性もある悪質なサイトからパソコンを守るために、前もってサイトのアドレスをチェックするサイトを紹介したが、さらに、3月12日「McAfee」が、Webサイトの危険度をトップレベルドメイン別にまとめた調査報告「危険度マップ」を、発表した。

265のトップレベルドメインを対象に、「危険なサイトかどうかを見極める方法」で紹介したMcAfeeのWebサイト分析ツール「SiteAdvisor」を使用してサイトの危険性をテスト。
トップレベルドメインにより、危険性に大きな差があることが判明したという。

国別のトップレベルドメインのうち、最も危険度が高いのはルーマニア(.ro)で、危険なサイトの比率が5.6%に上る。
2位はロシア(.ru、危険なサイト比率4.5%)。

一方、安全なのはフィンランド(.fi、同0.10%)。以下、アイルランド(.ie、同0.11%)、ノルウェー(.no、同 0.16%)、アイスランド(.is、同0.19%)、スウェーデン(.se、同0.21%)と続いており、北欧の国々が多くランクインしている。

これって意外と、世界透明度ランキング(政治の腐敗や汚職度世界ランキング)に比例しているところがないだろうか?

汎用トップレベルドメインでは、最も危険なのは.infoで、危険なサイトの比率は7.5%。安全なのは、米国政府機関の.gov。
.comは、危険なサイトの比率では汎用ドメインで2位(同5.5%)、トップレベルドメイン全体では5位だが、利用度が高いために実数としての影響は大きい。
危険度「赤」もしくは「黄」サイトのクリック数のうち、86.6%を.comドメイン下のサイトが占めた。

肝心の日本(.jp)はというと、は国別ドメインでの「危険度ランキング」57位で、比較的安全なドメインとされているが、「赤」もしくは「黄」と評価されたサイトに対するクリック数は毎月160万件にも上っていて、結構劣悪な状態だ。



(※この記事について、以下の記事からの抜粋があります)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000027-zdn_n-sci>


technorati tag : | | | |

at 15:48, aranciata, コンピュータ/ウィルス・スパイウェア

comments(0), trackbacks(0)

危険なサイトかどうかを見極める方法


せっかくインターネットが見られるのなら、エッチなサイトのひとつも見たいなあって思うものだが、ウィルスやスパイウェアなどの危険性はもちろん、悪質な架空請求詐欺の可能性もあったりするもんだから、なかなか大変だ。

ちなみによく多いのが、年令認証のためのワンクリックをしただけで「自動」かつ「高速」にて次々に画面が進み、「入会完了です。なお、あなたのIPアドレス情報を押さえてあります。払わないととんでもないことになります。」などの脅迫画面が現れるというワンクリック詐欺。

でもこのIPアドレス情報を取られたからといって、恐怖を感じる必要は全くない。IPアドレスは誰でも簡単にキャッチすることは出来るもので、個人の確定まで分かるのとは全く別。

ワンクリック詐欺対策として、この悪質な行為をさっそくコンピュータセキュリティーで有名なマカフィーの「McAfee SiteAdvisor」に通報しておこう。
またこのサイトでは、調べてみたいサイトが怪しいかどうかなどの分析をやってくれる。
さらに最近、こういったサイトの詳細情報や周辺情報を提供してくれるサービスが続々登場してきた。


ひとつは、「aguse.net」。
WHOISで得られる基本的な運営者情報はもちろん、サイトのスクリーンショットや、サーバの所在地をGoogleマップで表示してくれる。さらに当該のドメインが国内外のブラックリストに載っていないかもわかる。

もうひとつは、「Whois lookup and Domain name search」というサービス。
WHOIS情報に加え、Wikipedia上で当該サイトに言及されているページをリストアップ。ネット上での評判や他サイトとのつながりを知るのに便利。

見たいサイトの安全性を探るこれらのサービスはほんとに有り難いが、まずは自分のパソコンを守るセキュリティー対策は必須。
専業メーカーが各種ウィルスやスパイウェア対策ソフトなどを出している。

なお、ついにマイクロソフト社が直々にセキュリティー対策&PCケアソフト『Windows Live OneCare』を発売した。


参考記事元
あやしいサイトにご用心――3つの“素性確認”サービス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000028-zdn_b-sci

at 15:37, aranciata, コンピュータ/ウィルス・スパイウェア

comments(0), trackbacks(0)

Rss by Feedburner RSSリーダーで購読する

categories

archives
sponsored links

  • seo
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
alliance

人気ブログランキング