スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


at , スポンサードリンク, -

-, -

レプソル(Repsol )のガソリンスタンドはカッコよかったよ


Repsol サーキット場や、バイク本体、ウェアによく見かける、Repsolのロゴ。
あのロゴタイプやカラーリングは、レース中の特殊な環境で見てるから、カッコイイんだと思っていた。
ところが、以前スペインに行った時、町中で普通に見たレプソルのガソリンスタンド、めっちゃくちゃカッコよかった。

この度、レプソルカラーのバイクが発売される。
ホンダから3月22日、“バイクのF1”といわれる「モトGP」の2006年度チャンピオン「レプソル ホンダチーム」のマシンと同じカラーリングを施した大型スポーツバイクが出ることになった。

CBR1000RRスペシャルエディション」は、モトGP06年度チャンピオンのニッキー・ヘイデン選手(米国)が乗ったレース専用車「RC221V」のカラーリングを「CBR1000RR」をベースに再現され、国内900台の限定販売で、価格は133万3500円。
エンジンはレース車が排気量990cc・V型5気筒に対し、限定車は1000cc・直列4気筒と異なるが、レースチームのスポンサーで、スペインのエネルギー企業「REPSOL」のロゴをレース車と同じく車両の前・中・後部に付け、レースファンのハートをくすぐる。
CBR1000RRというのは、1992年に欧米市場に投入した「CBR900RR」の後継モデルで、日本では04年4月に発売され、06年は約1800台を販売したもの。


記事元ならびに、国内二輪車各社のレースモデル発売情報
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000000-fsi-bus_all

at 13:25, aranciata, クルマ/バイク

comments(0), trackbacks(0)

碓氷峠もいいけどやっぱ公道は良くない。カートやレースで勝負してくれ。

記事元
<暴走族>高齢化 「成人」の割合5割超す 警察庁まとめ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000025-mai-soci
全国で暴走族が小集団化の傾向を強め、昨年は構成員50人以上のグループが姿を消し、10人未満によるゲリラ的な集団暴走が目立っていることが警察庁のまとめで分かった。構成員の成人の割合が初めて5割を超えるなど高齢化、暴走族OBが旧型オートバイなどで再び暴走などを行う「旧車会」が増えている実態が浮かんだ。・・・また、集団暴走を主な目的とする団体は前年より112団体少ない825団体だったが、高速道などで猛スピードで競走を行う「ルーレット族」「ドリフト族」などの違法競走目的のグループは22団体で前年より3団体増えた。

惜しいなあ。もともとテクニックや才能あるんだろうからさ。
ほんとにバイクやクルマが好きならやめてもらいたいね。
道路ってあくまで公道。単に移動のための公共の設備なんだから。無理な走りはクルマが可哀想だし、人様に余計な気をかけてもらってカッコ悪い。

アマチュアでも、カートやサーキット場での走行会なんかあるんだからそこでキメて欲しい。

好きなラジオ番組
J-WAVE AUTOMOBILE RADIO by 土屋圭市

他関連記事
暴走族でなく、暴走サークル 上下関係は面倒
http://news.livedoor.com/article/detail/3002345/


at 15:47, aranciata, クルマ/バイク

comments(0), trackbacks(0)

Rss by Feedburner RSSリーダーで購読する

categories

archives
sponsored links

  • seo
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
alliance

人気ブログランキング